2012年 5月

-----------------------------

2012-05-29 00:00:00

Evolution that Rock 2012 Flair Competition - PRO -
(2012年5月 27日 大阪 ハードロックカフェ ユニバーサル・シティウォーク大阪店 

 

Rank
No.
FLAIR NAME
NAME
AREA
STORE
POINTS
1
1
Co
馬渕 孝太郎
東京
COLORSOL
192.3
2
2
KAMIMURA
神村 美幸
大阪
HYBRID / DX FLAIR
128.0
3
3
オーリー
熊代 綾子
長野
ANFA長野ブロック
103.0
 

 

Evolution that Rock 2012 Flair Competition - Rookie -
(2012年5月 27日 大阪 ハードロックカフェ ユニバーサル・シティウォーク大阪店 

 

Rank
No.
FLAIR NAME
NAME
AREA
STORE
POINTS
1
3
キャン
玉垣 大輔
兵庫
Shake it up
31.0
2
2
mori shun
森 瞬
大阪
BAR橋本
19.0
3
1
Victor
Victor Abraham Romero Montejo
大阪
Dining bar jamjam
-25.5
 

Evolution that Rock 2012 Flair Competition - Free Style -
(2012年5月 27日 大阪 ハードロックカフェ ユニバーサル・シティウォーク大阪店 

 

Rank
No.
FLAIR NAME
NAME
AREA
STORE
POINTS
1
5
小豆
辺見 菜月
関西
HYBRID / DX FLAIR
168.7
2
1
Lucy / Asahi
櫛原 三穂子 / 竹内 あさひ
愛知
SKY85(エスケイワイ エイティファイブ)
112.8
3
3
カート / ボブ
加藤 進一 / 足立 伸文
岐阜
 GREAT HURRY
93.6
 

  

Central Japan Flair Cup 2012 Rules

2012-05-29 00:00:00
ルール概要
・制限時間内にポアチェック用ボトルによる規定量のポア、ワーキング・フレアによるカクテル1品とエキシビジョン・フレア・オリジナルカクテル1品の計2品のカクテルを作成します。
 
ポアテスト 
・ポアテスト用ボトル(スカイウォッカ)による1-1/2ozのポア
 
Pour Check
Procedure
Glass
Garnish
1-1/2 oz
SKYY Vodka(赤白テープ付)
-
Tin(赤白テープ付)
-
ボトル内液体量:1/2 Full

ワーキングフレア・ドリンク
RIEN Drop
Procedure
Glass
Garnish
2 oz
RIEN
Shake & Strain (Working Flair)
Cocktail Glass M
Lemon
Peel
sprash
Sweet & Sour Mix
ボトル内液体量:RIEN 1/4 Full, S&S Mix 1/3 Full

 

エキシビジョンフレア・ドリンク
Orijinal Cocktail
Procedure
Glass
Garnish
1/2 oz
RIEN
Free (Exhibition Flair)
Free
Free 
free
Bartender's Choice1
free
Bartender's Choice2
free
・・・
ボトル内液体量:RIEN 1/2 oz以上, BC 1/2 oz以上
制限時間内にワーキングフレアによるカクテル1品とエキシビジョンフレアカクテル1品の計品のカクテルを作成します。また今回は規定のティンに、規定量の液体を測り入れる「ポアチェック」も審査しますので、演技中に必ず行ってください。
赤と白のテープがついたスカイボトルから赤と白のテープがついたティンに注ぐ。

 

競技時間は、ルーキー部門が3分、アドバンス部門は4分、プロ部門が5分です
(但しエントリー数が規定数に満たない場合は他部門との合併になります)
  • 『ワーキングフレア』『ポアチェック』で使用するボトルのポアラーは、スピルストップを使用します
  • エキシビジョンで使用するボトルでは、プラスティック・ポアラーの使用が可能です
  • バートップのセッティングは変えることができません(グラス:左端、ティン:右端に配置)但しティンの数は自由です。またバートップ上のティンやグラスは下向きにセットしなければなりません。
  • スピードレール、その他のセッティングは各選手が変えることが可能です
  • 出場者は競技開始15分前にバーバックから使用するボトルをもらい、自分でセッティングします
  • 時間内に完成しなかったドリンクやポアチェックは評価の対象になりません
  • 危険な行為、火を使う行為などを行なった場合は失格となります
  • 会場では梨園は最大で3本まで用意されますが、それ以上のボトルを使用する選手は各自で持参してください。
  •  『バーテンダーズチョイス』に使用するボトルの中身は各自で用意してください。
  • 『バーテンダーズチョイス』に使用できるボトルに制限はありません。どの会社の製品も、何種類使用するかも選手各自で決めて下さい。ただし、当日ネーミングとレシピを書いたカクテルシートを提出していただきます。
  • グラス、アイススコップ、ショートティン、スピルストップは会場に用意してありますが、その他使用する材料、器材はすべて各自で用意してください。
  • 使用する音源はCDまたはCD-Rで用意してください。機械との相性もありますのでWAV形式とMP3形式の2枚用意をお願いします
  • CD-RWMDでは使用できません
  • ポアチェックに使用するティンとボトルは会場に用意されます。セッティング場所は自由です。
  • ポアチェックのタイミングは演技中であればいつでもかまいません。またフレアを用いてのポアも可能で、そのフレアも加点対象に含みます。
  • 演技終了後にポアチェック用のティンに入ってる液体量を審査員が計量します。(1-1/2ozから±1/8oz以内であればボーナスポイントが加算されます。
  • ポアチェックを行わなかった選手は30点の減点になります
  • 当日、ボトルの中身は本物を用意します。ただし『ポアチェック』に使われるスカイウォッカのみ中身は水になります。必然的に、ポアチェックのスカイウォッカをエキシビジョンに使用することはできません。
  • 複数アイテムをドロップした場合、落下時点で重なっているものは1ドロップとみなします。しかし、バラバラに落ちたアイテムは、それぞれのドロップとみなします。
  • 例1)3ボトルで2本のボトルをドロップした場合【2ドロップ】
  • 例2)2ティン1ボトルでカップインされたティンとボトルをドロップした【1ドロップ】 
     
     
  • オリジナルカクテルには、最低でも「梨園」を1/2ozは使用してください。もちろん、それ以上であればどれだけ使用しても構いません。

     
  • オリジナルカクテルの製作方法に制限はありません。どのような方法を使っても構いません。
    しかし、その製作方法に必要な道具は全て各自が用意しなければなりません。

  • オリジナルカクテルに使用する材料なども、各自で用意し保冷をお願いします。会場側の冷蔵庫・冷凍庫の使用はできません。

  • バーテンダーズチョイスに使用するボトルは、必ずボトルのラベルと中身が一致していなければなりません。
    同じ会社の製品の場合も同じです。必然的に、ボトルのラベルをはがすのも禁止とします。

  • 透明なボトルや見えにくいボトルを見やすくするためや、その他の理由により、ボトルにテーピングを巻く事は可能です。
    ただし、ボトルのボディ部分の上下、ネック周りの3箇所のみとします。
    それ以外の場所のテーピングや、スピルを防ぐためのテーピングは禁止とします。

  • ネック周りにテーピングをする場合、スピルを防ぐようにボトルの外側からポアラー周りにテーピングを巻くのは禁止とします。
    ただし、ポアラーに直接テーピングを巻き、ボトルの内側に入れるテーピングは可能とします。

     

TOTAL POINT 440POINT
 Difficulty  50ポイント
 Technical Excution  40ポイント
 Originality  40ポイント
 Variety  40ポイント
 Smoothness  40ポイント
 Balance of Routine  40ポイント
 Showmanship  40ポイント
 Working Flair  40ポイント
 Overall Entertainment  40ポイント
 Orijinal Cocktail(Naming,Tasting)  40ポイント
 No Drop Bounus  20ポイント
 Exact pour Bonus  10ポイント
  ペナルティポイント
 明らかなスピル  2ポイント
 ドロップ  3ポイント
 ポアが少ない、または多い(ポアミス)  5ポイント
 ポアチェックによるポアミス(1/4ozごとに)  5ポイント
 ポアチェックを行わなかった  30ポイント
 グラス、ガーニッシュの間違え  5ポイント
 ドリンクをバートップに置かなかった  5ポイント
 作り方、作業手順の間違え  10ポイント
 不衛生な手順での作成  10ポイント
 破損  10ポイント
 ダイレクトな破損  20ポイント
 ドリンクを作り間違えたままでの演技終了  20ポイント
 ドリンクの転倒、ドロップ、未完成  20ポイント
 空のボトルをセットしてのフレア  30ポイント
 スピルストップの細工、加工  30ポイント
 他人に危害を与えたり、危険にさらす行為  失格
   
   

 


 

  

-----------------------------

2012-05-28 00:00:00

ANFA JUPITER CUP FLAIR GRANDPRIX 2012
(2012年5月 20日 愛媛 国際ホテル松山 

 

Rank
No.
FLAIR NAME
NAME
AREA
STORE
POINTS
1
16
マーク
山田 寛之
東京
 T.G.I. FRIDAY'S 原宿店
125.0
2
12
ハル
大栗 威晴
愛媛
 team202
114.0
3
8
koji
北野 浩二
兵庫
 the sting
92.0
 

  

ANFA タンデムフレア・コンペティション 2012 Rules

2012-05-09 00:00:00

■FLAIR ROUND (TOTAL 450ポイント)
●制限時間内にワーキング・フレアによるカクテル1杯とエキシビジョン・フレア・カクテル2杯の計3点のカクテルを作成します。
■ ワーキングフレア・ドリンク

#1 YZ RIEN

Procedure Glass
1・1/4oz 柚子リキュールYZ Shake & Strain 
(Working Flair)
Cocktail Glass
3/4oz RIEN None
Splash Sor Mix Garnish
ボトルのリカー量: 1/2 Full
 エキシビジョンフレア・ドリンク

#2 オリジナル Drink(レシピ自由)

Procedure Glass
Free Maribu

(Exhibition Flair) 
Build

Collins
  Bartender Choice Garnish
  Bartender Choice None
Fill Sour Mix
   
エキシビジョン・フレアのボトルのリカー量は、すべて1/2oz以上
競技時間は6分間です。
すべての音源はCDあるいはCD-Rで持参してください。予備のために2枚持参することをお勧めします。また、音源は1枚のCDにまとめてください。
ワーキング・フレアで「YZ RIEN」を1杯、エキシビジョン・フレアで課題カクテルを2杯作成していただきます。
ワーキング・フレアで使用するボトルは全て1/2フルボトルでセッティングされます。
オリジナルカクテルに使用するボトルは、すべて1/2oz以上の液体が入っている必要があり、競前にジャッジが確認します。
バーテンダーチョイスボトルは1種類(複数可)使用できます
エキシビジョンカクテルのレシピのリカーの分量は自由です。ただし、全く入っていなかったり、グラスから溢れた場合は減点の対象となります。
同時にドロップした場合、落としたアイテムの数がペナルティの対象となります。ただし、重なったティンを落とした場合、ドロップ時に重なったままの場合は1ドロップ扱いになります。
バーセッティングは自由です。
競技中に一人がソロ演技をして、その間に相方が何もしていなかった場合、そのソロ演技に対しての技の加点はありません。

アイススコップやバースプーン、ストレーナーなどのバーツールを使用する場合は、各自持参してください。

選手は個々に、自分のバーバック・スタッフを組むことができます。
ポアラーはプラスティック、スピルストップのどちらでもしよう可能ですが、ライトポアラーは使用できません。
ポアラーをテープでボトルに固定することは認められます。しかし。液体の流れを妨げるようなテーピングは禁止します。
制限時間内に行われたフレアにみが評価対象となり、時間外に行われたフレアやドリンクは評価されません。
空ボトルでのフレアは禁止します。セッティングの段階でジャッジが確認します。
火や花火を用いたフレアは禁止とします。無謀なフレアで観客を危険にさらしていると判断した場合、ジャッジの判断で競技を止めることがあります。
競技にプラスチックボトルは使用できません。
TOTAL POINT 450POINT(5分間)
 ワーキングフレアの全体評価 30ポイント
 Difficulty 80ポイント
 Originality 50ポイント
 Synchronizer 30ポイント
 Team work 50ポイント
 Smoothness and Balance of Routin 30ポイント
 Variety 30ポイント
 Showmanship 50ポイント
 全体評価とお客様の反応 80ポイント
 ノードロップボーナス 20ポイント
   
   
ペナルティポイント
 明らかなスピル 2ポイント
 ドロップ 2ポイント
 ドリンクの転倒 20ポイント
 ワーキングフレアでのボトルのドロップ 10ポイント
 ポアが少ない、または多い(ポアミス) 5ポイント
 レシピ不足、作業手順での作成 20ポイント
 不衛生な手順での作成 20ポイント
 破損 30ポイント
 未完成での演技終了 50ポイント
 スピルストップやボトルの細工、加工 失格
 空のボトルをセットしてのフレア 30ポイント
 ※制限時間をオーバーした後に作成されたドリンクやフレアは評価対象になりません  

 

※大会の質問及びエントリーは、カクテルバー・マルソウ(TEL:045-442-0446)北條まで