2013年 7月

-----------------------------

2013-07-28 00:00:00

ANFA FLAIR DREAM SUMMER 2013
(2013年7月28日 千葉 東京ベイ舞浜ホテル ジュアン 

 

Rank
No.
FLAIR NAME
NAME
AREA
STORE
POINTS
1
9
Co
馬渕 孝太郎
東京
COLORSOL
179.3
2
11
ヤマチャン
山下 啓示
北海道
FLAIR BAR es
137.0
3
7
ミッチー
境屋 光展
東京
COLORSOL
125.7
 

ANFA NEWGENERATION FLAIR COMPETITION 2013
(2013年7月28日 千葉 東京ベイ舞浜ホテル ジュアン 

 

Rank
No.
FLAIR NAME
NAME
AREA
STORE
POINTS
1
19
ノブ
佐藤 垣弥
北海道
es DINERS
98.5
2 2 クルパー 浦崎 健太郎 東京 T.G.I FRIDAY'S 六本木店 97.5
3 8 シャンク 坪井 吉文 千葉 ROBROY MIXOLOGY 79.5
4 9 Tsuyopon 石田 強 大分 Flair Diner HAL 76.8
5 10 SHO 坂本 翔 兵庫 Bar 侍 63.5
 

  

KANSAI ROOKIE FLAIR CHALLENGE 2013

2013-07-11 00:00:00
※同時開催『PRINCESS FLAIR CUP 2013』
 
 
 
日時 2013.9.23(月祝) 12:30開場 13:00開演
 
会場  PLATINUM  OSAKA
 
 
観覧 前売り2,000円 (1ドリンク付)  当日3,000円 (2ドリンク付)
 
 前売りチケットに関しての お問い合わせ ご質問は 関西地区代表 成田栄治まで flairbar1978@yahoo.co.jp
までお願いいたします。
 
 
出場選手 エントリーフィー 3,000円
(ANFA関西地区会員のみ)(他 エントリー条件あり)
 
主催:全日本フレア・バーテンダーズ協会 関西地区
 
協賛: 老松酒造(株)、サントリー酒類(株)、サントリービア&スピリッツ(株) 
     日仏貿易株式会社  株式会社ナランハ . PLATINUM  OSAKA
 
開催概要、ルールに関するお問い合わせ、出場エントリーは、
 
ANFA関西地区代表成田栄治まで flairbar1978@yahoo.co.jp
エントリーに関しては、所属地区(都道府県)・氏名・フレアネーム・所属先(お勤め先、チーム名)を記載の上、メールお願いします。
 
 
 
 
■ポアテスト & エキシビジョン フレア
 
 
規定時間に2杯のドリンクを作成する競技です。
規定時間は3分です。
1. スカイウォッカ ストレート(ポアテスト)
2. エキシビジョンフレア・ドリンク
 
大会演技 終了後  演技で創ったオリジナルカクテルを
また 別に カクテルブースにて お客様に1杯 創って頂きます。
グラスなどは 変わってもよいですが 材料など 同じ物を ご用意ください。
 
 
Drink #1  スカイウォッカ ストレート (ポアテスト)
 
Procedure:スカイウォッカを1アクション以上しティンに2ozそそぎ
それからグラスにそそいでください。
後で計量します。
グラスに注いでからは液体は追加できません。
ティンにいれた液体は必ず全てグラスに注いで下さい。

 
Glass カクテルグラス
 
●ポアラーは、スピルストップのみ使用。
スカイウォッカは1/2 フルボトルでセットされます。
 
 
Drink #2 (EXHIBITION FLAIR DRINK) Your Original
 
レシピ提出は必要ではないですが カクテル名のみ提出です。
(制作意図など明記しているほうがカクテル点数が見込めます)
 
Procedure:Free
Glass:Free
Garnish:Free
 
老松酒造(株)、サントリー酒類(株)、サントリービア&スピリッツ(株) 日仏貿易株式会社  のボトルを使用するときは ボトルラベルと中身を一致させてください。
(ボトルはマリブなのに 中身は 違う液体 は 不可)
 
●協賛メーカー以外のボトル(バーテンダーズ チョイス ボトル)を使いたいときは 
ラベルを剥がし使用してください。
 
ただし 1種類のみ 形状の違うボトル2種類以上は使えません。
(中の液体も1種類で統一してください)
 
1種類でしたらバーテンダーズチョイスボトルは何本でも使えます。
(5本バーテンダーズチョイスボトルを使うなら5本とも中身の液体を統一してください)
(中身の液体は 協賛にモナンシロップがありますので シロップは使用不可です。
 ジュース スピリッツ リキュール を入れてください)
 
バーテンダーズチョイスボトルは ラベルを完璧に剥がし使用してください。
FBAやWFA、自家製ステッカーなどのシールも使用不可です。
 
ボトルネックの所にビニールテープ 5センチまで使用できます。
その他にボディーなどにテープ2本分(約4センチ)まで使用できます。
テープの色は自由です。
 
協賛メーカーのボトルを使う時はボトルネックのみテープ(5センチまで)を使用できます。
ボディーなどには まかないでください。
 
Skyy Vodka モナン ストロベリー シロップ  梨園
のみ会場に準備されています
 
●ポアラーは、スピルストップまたはプラスチックポアラーのみ使用できます。
 
●エキシビジョンフレアで使用するボトルの中身は、1/2oz以上にセットしなければなりません。
●会場で準備する以外の材料を使用する場合は、各自で持参して下さい。
 
●あらゆる乱暴な行為は、失格となります。
●フレア(練習を含む)は、許可されたエリア内でのみ行なってください。許可されたエリア外でフレアを行ったバーテンダーは出場資格を剥奪されます。
 
●服装は、大会にふさわしい服装でお願いします。
●使用する音楽は、CDにて用意してください。CDには、名前と使用する曲目のトラックナンバーを書いてください。
CDが読み込まれなかったり、破損してしまうことを考え、CDは、2枚用意することを薦めます。すべてのスタッフは、CDが読み込まれなかったり、破損した際の責任は負いかねます。
MP3は使用できません
 
●バーテンダーは、演技前に自分でボトルにお酒を用意しなければなりません。演技前に正確な分量がボトルに入っているか、確認されます。もし、規定未満の量が用意されていた場合は、再度、規定量まで満たしてもらいます。バーテンダーの責任の下で演技前にボトルが、乾いた状態で用意されるようにしてください。
●バーテンダーは、フリーポアリングのために、どのスピルストップポアラーを使用することができますが、細工をすることは許されません。
 
●バーテンダーは、3-2-1-Goで演技を開始してください。規定時間終了10秒前からカウントダウンを行います。演技時間が終了した時点でテクニカル審査は終了されます。演技時間終了外での加点は一切ありません。しかしながら、バーテンダーの立ち振る舞いや、冷静さの審査は続きます。この大会は、プロフェッショナルなバーテンダーを求める大会です。演技中にミスがあろうとなかろうと、演技終了後に減点されないようにしてください。
●火やトリックの使用は認められません。
 
TOTAL POINT  400ポイント (ボーナスポイント 10ポイント含む)
 
■加点基準
 
技術と難易度 Skill and Difficulty  60pts

この項目で、審査員はフレアの難易度や大技を審査します。グリップやアングル、アイテ
ムの数や、純粋に難しい技術を考慮し、成功したテクニックだけを加点します
 
Originality 60pts
 
この項目で選手は、新しい技術や改良されたテクニックに対して評価されます。これは使
用したすべてのアイテムに適用され、新しいグリップやバンプ、タップやロールなどを指
します
 
バラエティ Variety 60pts
 
バラエティとは、使用されたアイテムやフレアの多様性です。アイテムの組み合わせ(3 テ
ィン1 ボトル、4 ボトルなど)の豊富さや、異なる動き(ロール、バンプ、タップ、ストー
ル、シャドーなど)です
 
 
音楽との親和性とエンターテインメントEntertainment & Music Interaction  60 pts
 
選手は振り付けや音楽との連携を審査され、加点されます。この項目では選手のエネルギーの会場への影響も評価を大きく左右します
 
 
スムースネス Smoothness and Balance of Routine  60 pts
 
ルーティンがどのように構成されているかです。選手は時間通りに終了しなければなりま
せが、ドリンクを完成させることを急いではなりません。選手は次に何をするべきかを迷
ったり、ボトルを探したりする一瞬の躊躇が評価を左右します
 
 
全体評価とお客様の反応 overall  60pts
 
演技時間全体での印象点、トータルの印象点、お客さんの反応
 
 
オリジナルカクテルポイント   30pts
 
 
味覚/色彩/ネーミング/商品価値  等が対象となります
 
 
 
■減点基準
ドロップ                       3ポイント
明らかなスピル                  2ポイント
ポアミス                       3ポイント
ドリンクの転倒                   20ポイント
レシピ不足や手順間違いでの作成 雑則   10ポイント
破損                           30ポイント
カクテル未完成での演技終了      20ポイント
スピルストップの細工、加工            失格
空ボトルのフレア                     いくら凄い技をしても加点になりません。
                                                            (ポアした後の空ボトルに注意してください) 
ポアテスト 1/8ozずれる毎に 5ポイント
 
<<ボーナスポイント>>
ノードロップ (5ポイント)
ポアテスト2oz 誤差1/8以下は (5ポイント)
 
規定時間をオーバーした後に作成したドリンク、フレアは評価対象になりません
  

PRINCESS FLAIR CUP 2013 Rules

2013-07-11 00:00:00
■WORKING & EXHIBITION FLAIR
 
規定時間に2杯のドリンクを作成する競技です。
規定時間は5分です。
1. ワーキングフレア・ドリンク
2. エキシビジョンフレア・ドリンク
 
 
大会演技終了後、演技で創ったオリジナルカクテルを
また別途、カクテルブースにてお客様に1杯創って頂きます。
グラスなどは変わってもよいですが材料など同じ物をご用意ください。

Drink #1 (WORKING FLAIR DRINK) PLATINUM  SPONSOR
 
Procedure:Shake over ice and Strain
Glass:カクテルグラス 

1 1/4oz   Skyy Vodka
3/4oz     梨園
Splach    モナン ストロベリー シロップ

●SKYYとモナン ストロベリー シロップは 1/2 フルボトルでセットされます。
●梨園は1/3フルボトルでセットされます。
●ポアラーは、スピルストップ・メタルポアラーのみ使用。
 
Drink #2 (EXHIBITION FLAIR DRINK) Your Original
 
レシピ提出は必要ではないですが カクテル名のみ提出です。
(制作意図など明記しているほうがカクテル点数が見込めます)
 
Procedure:Free
Glass:Free
Garnish:Free
 
老松酒造(株)、サントリー酒類(株)、サントリービア&スピリッツ(株) 日仏貿易株式会社  のボトルを使用するときは ボトルラベルと中身を一致させてください。
(ボトルはマリブなのに 中身は 違う液体 は 不可)
 
●協賛メーカー以外のボトル(バーテンダーズ チョイス ボトル)を使いたいときは 
ラベルを剥がし使用してください。
 
ただし 1種類のみ 形状の違うボトル2種類以上は使えません。
(中の液体も1種類で統一してください)
 
1種類でしたらバーテンダーズチョイスボトルは何本でも使えます。
(5本バーテンダーズチョイスボトルを使うなら5本とも中身の液体を統一してください)
(中身の液体は 協賛にモナンシロップがありますので シロップは使用不可です。
 ジュース スピリッツ リキュール を入れてください)
 
バーテンダーズチョイスボトルは ラベルを完璧に剥がし使用してください。
FBAやWFA、自家製ステッカーなどのシールも使用不可です。
 
ボトルネックの所にビニールテープ 5センチまで使用できます。
その他にボディーなどにテープ2本分(約4センチ)まで使用できます。
テープの色は自由です。
 
協賛メーカーのボトルを使う時はボトルネックのみテープ(5センチまで)を使用できます。
ボディーなどには まかないでください。
 
Skyy Vodka モナン ストロベリー シロップ  梨園
のみ会場に準備されています
 
●ポアラーは、スピルストップまたはプラスチックポアラーのみ使用できます。
 
●エキシビジョンフレアで使用するボトルの中身は、1/2oz以上にセットしなければなりません。
●会場で準備する以外の材料を使用する場合は、各自で持参して下さい。
 
●あらゆる乱暴な行為は、失格となります。
●フレア(練習を含む)は、許可されたエリア内でのみ行なってください。許可されたエリア外でフレアを行ったバーテンダーは出場資格を剥奪されます。
 
●服装は、大会にふさわしい服装でお願いします。
●使用する音楽は、CDにて用意してください。CDには、名前と使用する曲目のトラックナンバーを書いてください。
CDが読み込まれなかったり、破損してしまうことを考え、CDは、2枚用意することを薦めます。すべてのスタッフは、CDが読み込まれなかったり、破損した際の責任は負いかねます。
MP3は使用できません
 
●バーテンダーは、演技前に自分でボトルにお酒を用意しなければなりません。演技前に正確な分量がボトルに入っているか、確認されます。もし、規定未満の量が用意されていた場合は、再度、規定量まで満たしてもらいます。バーテンダーの責任の下で演技前にボトルが、乾いた状態で用意されるようにしてください。
●バーテンダーは、フリーポアリングのために、どのスピルストップポアラーを使用することができますが、細工をすることは許されません。
 
●バーテンダーは、3-2-1-Goで演技を開始してください。規定時間終了10秒前からカウントダウンを行います。演技時間が終了した時点でテクニカル審査は終了されます。演技時間終了外での加点は一切ありません。しかしながら、バーテンダーの立ち振る舞いや、冷静さの審査は続きます。この大会は、プロフェッショナルなバーテンダーを求める大会です。演技中にミスがあろうとなかろうと、演技終了後に減点されないようにしてください。
●火やトリックの使用は認められません。
 
 
 
 
TOTAL POINT  450ポイント
 
■加点基準
 
ワーキングフレアの全体評価 Totally Score of Working Flair  60pts

この項目で、審査員はワーキングフレアの全体的な評価をします。評価の中にはオリジナリティ・ディフィカルティ・バラエティ・スムースネスなどが含まれます。それらを総合的に審査します。

技術と難易度 Skill and Difficulty  60pts

この項目で、審査員はフレアの難易度や大技を審査します。グリップやアングル、アイテ
ムの数や、純粋に難しい技術を考慮し、成功したテクニックだけを加点します
 
オリジナリティー Originality 60pts
 
この項目で選手は、新しい技術や改良されたテクニックに対して評価されます。これは使
用したすべてのアイテムに適用され、新しいグリップやバンプ、タップやロールなどを指
します
 
バラエティ Variety 60pts
 
バラエティとは、使用されたアイテムやフレアの多様性です。アイテムの組み合わせ(3 テ
ィン1 ボトル、4 ボトルなど)の豊富さや、異なる動き(ロール、バンプ、タップ、ストー
ル、シャドーなど)です
 
音楽との親和性とエンターテインメントEntertainment & Music Interaction  60 pts
 
選手は振り付けや音楽との連携を審査され、加点されます。この項目では選手のエネルギーの会場への影響も評価を大きく左右します
 
スムースネス Smoothness and Balance of Routine  60 pts
 
ルーティンがどのように構成されているかです。選手は時間通りに終了しなければなりま
せが、ドリンクを完成させることを急いではなりません。選手は次に何をするべきかを迷
ったり、ボトルを探したりする一瞬の躊躇が評価を左右します
 
全体評価とお客様の反応 overall  60pts
 
演技時間全体での印象点、トータルの印象点、お客さんの反応
 
オリジナルカクテルポイント   30pts
 
味覚/色彩/ネーミング/商品価値  等が対象となります
 
 
■減点基準
 
ドロップ                       3 ポイント
 
明らかなスピル                  2 ポイント
 
ポアミス                       3 ポイント
 
ドリンクの転倒                   20 ポイント
 
レシピ不足や手順間違いでの作成 雑則   10ポイント
 
破損                           30ポイント
カクテル未完成での演技終了      20ポイント
 
スピルストップの細工、加工            失格
 
空ボトルのフレア                     いくら凄い技をしても加点になりません。
                                                            (ポアした後の空ボトルに注意してください) 
 
 
規定時間をオーバーした後に作成されたドリンクやフレアは評価対象にはなりません。
  

Central Japan Flair Cup 2013 Rules

2013-07-01 00:00:00

事前提出用カクテルシートはこちら

  • ルール概要

制限時間内にポアチェック用ボトルによる規定量のポア、ワーキング・フレアによるカクテル1品とエキシビジョン・フレア・オリジナルカクテル1品の計2品のカクテルを作成します。

  • ポアチェック

ポアチェック用ボトル(スカイウォッカ)による1-1/2ozのポア

Pour CheckProcedure Procedure Glass Garnish
1-1/2 oz SKYY Vodka(赤白テープ付) - Tin(赤白テープ付) -
ボトル内液体量:1/2 Full

  • ワーキングフレア・ドリンク
RIEN Balalaika Procedure Glass Garnish
1 oz RIEN Shake & Strain
(Working Flair)
Cocktail Glass M Lemon Peel
1 oz SKYY Vodka
sprash Sweet & Sour Mix
ボトル内液体量:RIEN 1/2 Full, SKYY 1/4 full, S&S Mix 1/3 Full
  • エキシビジョンフレア・ドリンク

Orijinal Cocktail Procedure Glass Garnish
1 oz RIEN FREE 
(Exhibition Flair)
FREE  FREE
free Bartender's Choice1
free Bartender's Choice2
free ・・・
ボトル内液体量:RIEN 1/2 oz, BC 1/2 oz以上

 制限時間内にワーキングフレアによるカクテル1品とエキシビジョンフレアカクテル1品の計品のカクテルを作成します。また今回は規定のティンに、規定量の液体を測り入れる「ポアチェック」も審査しますので、演技中に必ず行ってください。
※赤と白のテープがついたスカイボトルから赤と白のテープがついたティンに注ぐ。
 

<ルール詳細>

  • 競技時間は、ルーキー部門が3分、アドバンス部門は4分、プロ部門が5分です。(但しエントリー数が規定数に満たない場合は他部門との合併になります)
  • 『ワーキングフレア』『ポアチェック』で使用するボトルのポアラーは、スピルストップを使用します
  • エキシビジョンで使用するボトルでは、プラスティック・ポアラーの使用が可能です
  • バートップのセッティングは変えることができません(グラス:左端、ティン:右端に配置)但しティンの数は自由です。またバートップ上のティンやグラスは下向きにセットしなければなりません。
  • スピードレール、その他のセッティングは各選手が変えることが可能です
  • 出場者は競技開始15分前にバーバックから使用するボトルをもらい、自分でセッティングします
  • 時間内に完成しなかったドリンクやポアチェックは評価の対象になりません
  • 危険な行為、火を使う行為などを行なった場合は失格となります
  • 会場では梨園(ワーキング、エキシビジョン)、スカイ(ワーキング)は最大で3本まで用意されますが、それ以上のボトルを使用する選手は各自で持参してください。
  • 『バーテンダーズチョイス』に使用するボトルの中身は各自で用意してください。
  • 『バーテンダーズチョイス』に使用できるボトルに制限はありません。どの会社の製品も、何種類使用するかも選手各自で決めて下さい。ただし、当日(もしくは事前提出)ネーミングとレシピを書いたカクテルシートを提出していただきます。
  • 『バーテンダーズチョイス』に使用するボトルは、必ずボトルのラベルと中身が一致していなければなりません。必然的に、ボトルのラベルをはがすのも禁止とします。
  • グラス、アイススコップ、ショートティン、スピルストップは会場に用意してありますが、その他使用する材料、器材はすべて各自で用意してください。
  • 使用する音源はCDまたはCD-Rで用意してください。当日の音源のレベル調整を事前に行う為、今回は事前提出とします。(大会1週間前まで)
  • ポアチェックに使用するティンとボトルは会場に用意されます。セッティング場所は自由です。
  • ポアチェックのタイミングは演技中であればいつでもかまいません。またフレアを用いてのポアも可能で、そのフレアも加点対象に含みます。
  • 演技終了後にポアチェック用のティンに入ってる液体量を審査員が計量します。(1-1/2ozから±1/8oz以内であればボーナスポイントが加算されます。
  • ポアチェックは、必ず規定のボトルの液体(水)を注いでください。それ以外の液体を注いだ場合は計測をしません。必然的にポアチェックを行っていないことになります。
  • ポアチェックを行わなかった選手は30点の減点になります。
  • 当日、ボトルの中身は本物を用意します。ただし『ポアチェック』に使われるスカイウォッカのみ中身は水になります。必然的に、ポアチェックのスカイウォッカをエキシビジョンに使用することはできません。
  • 今大会では、7ドロップ以上の選手は失格とします。
  • 複数アイテムをドロップした場合、1アクション内でのドロップは1ドロップとみなします。
    例1)3ボトルで2本のボトルをドロップした場合【1ドロップ】
    例2)2ティン1ボトルでティンとボトルをドロップした場合【1ドロップ】
  • ジュースコンテナは通常のタイプのものを会場側が用意します。ファイネストコールの使用はできません。中身の量は選手が自由に変更して構いません。(ワーキングのジュースコンテナは1/3 Full以上とします)
  • カウンター上(バートップ、メイキング部分、アイスストック部分)に落としたアイテムは、ドロップに含みません。原則として、床に触れたものをドロップとみなします。
  • 7ドロップを超えた場合、失格となりますが、演技は続行し、評価も行います。
  • ワーキングのガーニッシュ「レモンピール」はカクテルグラスに振りかけるのみです。カクテルの中に入れてはいけません。レモンピールは落としてもドロップには含みません。
  • オリジナルカクテルはネーミングと味覚の審査を行います。ポアミスによる減点はありません。
  • オリジナルカクテルには、最低でも「梨園」を1/2ozは使用してください。もちろん、それ以上であればどれだけ使用しても構いません。
  • オリジナルカクテルの製作方法に制限はありません。どのような方法を使っても構いません。しかし、その製作方法に必要な道具は全て選手自身が用意しなければなりません。
  • オリジナルカクテルに使用する材料は、各自で用意し保冷をお願いします。会場側の冷蔵庫・冷凍庫の使用は出来ません。
  • 透明なボトルや見えにくいボトルを見やすくする為や、その他の理由によりボトルにテーピングを巻くことは可能です。ただし、ボトルのボディ部分の上もしくは下、ネック周りの3カ所のみとします。
  • ネック周りにテーピングする場合、ボトルの外側からポアラー周りにテーピングするのは禁止とします。ただし、ポアラーに直接テーピングし、ボトルの内側に入れるのは可能です。
  • ドロップ数による失格ルールを採用したのは、フレアレベル向上の為です。本大会に出場される選手の皆様は、このルールを十分に理解し、ルーティーンの作成と練習に励んでください。

 <配点表>

 

TOTAL POINT 400POINT
Difficulty 50ポイント
Originality 50ポイント
Variety 50ポイント
Smoothness 50ポイント
Balance of Routine 25ポイント
Showmanship 25ポイント
Working Flair 40ポイント
Music Interaction 25ポイント
Calmly 25ポイント
Orijinal Cocktail(Naming,Tasting) 30ポイント
No Drop Bounus 20ポイント
Exact pour Bonus 10ポイント
ペナルティポイント
明らかなスピル 2ポイント
ドロップ(1アクション内で1ドロップ) 3ポイント
7ドロップ以上 失格
ポアが少ない、または多い(ポアミス) 5ポイント
ポアチェックによるポアミス(1/4ozごとに) 5ポイント
ポアチェックを行わなかった 30ポイント
グラス、ガーニッシュの間違え 5ポイント
ドリンクをバートップに置かなかった 5ポイント
作り方、作業手順の間違え 10ポイント
不衛生な手順での作成 10ポイント
破損 10ポイント
ダイレクトな破損 20ポイント
ドリンクを作り間違えたままでの演技終了 20ポイント
ドリンクの転倒、ドロップ、未完成 20ポイント
空のボトルをセットしてのフレア 30ポイント
スピルストップの細工、加工 30ポイント
他人に危害を与えたり、危険にさらす行為 失格